UHDの28インチ液晶モニター。必要十分な性能を確保し、コストパフォーマンスに優れるエントリーモデルJAPANNEXT JN-T2880UHDが誕生しました。

鮮やかな 色彩表現 178°広視野角 IPS-AHVA 液晶パネル 3840×2160 4K UHD解像度 アルミ製フレーム 1.07Billion 色パネル搭載 srgb 100%対応パネル
JAPANNEXT「JN-IPS320UHD」は32インチのUHD(4K)解像度に対応した液晶ディスプレイです。フルHD(1,920×1,080)の4倍の作業領域を実現する3840x2160ドットの解像度です。一般的なフルHD液晶ディスプレイより作業領域は圧倒的に広い。例えば、フルHD動画を同時に4つ表示可能です。4K(3,840×2,160ドット)対応の圧倒的な解像度を誇り、広域表示に対応することで作業効率を大幅に向上できます。大型グラフィックスを扱うDTPやCADソフトなどの作業パレットを配置したり、複数ドキュメントを扱うオフィスワークや、WEBページの同時表示や、フルHD動画を楽しみながらスカイプやその他のSNSアプリを同時に表示することができ、様々な作業をよりよくサポートします。

新しい感動を体験させる超高画数密度。画数ピッチ(画素と画素の距離)を約0.16ミリ迄に縮めることを実現。32型モニターでも137PPIという高画数密度を実現できる4K解像度。どんな詳細も明確に、高精細な表示を実現。細部まで精確にくっきりと再現する、今までにない精確性と鮮やかさを体験できます。4 倍の鮮明さ、色彩の豊かさ、細部まで精確な表示を実現します。低価格で超高精細機能が得られます。
10bit パネル 1.07b色 パネル採用
映像をより鮮やかに、美しく、どんな場面でも忠実な色再現できる1.07B色対応パネル採用。
フレッシュレート60Hz(DP / HDMI 2.0)が通常の30Hzに比べ、滑らかな動きを実現。オーバードライブ機能を最大に使うことで、画像の鮮やかさを失うことなく、応答速度3msを実現。*最大解像度表示時リフレッシュレート詳細は商品スペックページにて確認ください(JN-VC550UHDは4msとなります)。
HDMI2.0 HDCP2.2対応で4K配信コンテンツが楽しめる
パソコンのみならず、4K対応メディア配信サービスが楽しめる(ひかりTV 4K, NETFLIX,スカパー,AMAZONビデオ等)。 HDMI2.0ポート搭載でレコーダーやゲーム機、Amazon Fire TVまたはGoogle Chromeなどなどに繋いで4K映像を大画面でお楽しみいただけます。
目の疲れの原因とされるブルーライト(青色光)を、長時間浴びることにより体内時計が狂ったり、ドライアイなどの眼球疲労を引き起こす恐れがあると言われております。ブルーライト低減機能を使用すれば、PCメガネやフィルターなどを用意することなく、モニター自体でブルーライトを低減させることが可能になります。
フリッカー(ちらつき)はモニター画面の点滅のことで、目の負担となって疲れの原因のひとつとされています。これに対しフリッカーフリーは、光量を調整することで、画面のちらつきを抑え目の負担を軽減します。
ちらつきやティアリングがない、純粋にゲームに没頭できる環境を。AMD FreeSync™テクノロジーは安定しないゲームプレイやフレームの低下を解消し、どんなフレームレートでも、なめらかでアーチファクトフリーの性能を実現します。
HDMI インターフェース 3840×2160ドット表示に対応する機能付HDMI入力端子(HDCP対応)を搭載し、パソコンのみならず、ブルーレイディスクプレイヤー、家庭用ゲーム機、デジタルビデオカメラなどを1本のケーブルで接続できます。筐体カラーは、白の1色となります。

*注意:一部のMAC製品では、4K表示時でリフレッシュレートを選択することができません。

プレスリリース掲載情報について訂正とお詫びのお知らせ。

2017年05月01日16時に配信された、JN-T2880UHDのプレスリリースにつきまして2ページ目の下記の記載について訂正いたします。

誤)曲面ディスプレイ → 正)平面ディスプレイ (2017年05月01日17時30訂正)

ご迷惑をお掛けいたしましたこと、重ねて深くお詫び申し上げます。